• ファクタリングの原理と問題点

    • ファクタリングは売掛債権を早期に現金化する方法で、金融会社に対して売掛債権を額面よりも低い値段で売却することで現金を早期に入手する方法です。


      債権の期日よりも早く売却するために入手できる金額は減りますが、早期に現金を入手できることから様々な支払いなどを早く済ませることができ、キャッシュフローを改善することにつながります。

      ファクタリング情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

      最近では早期に現金を入手し支払うビジネスサイクルが非常に重要視されており、早期に現金を入手し支払うことができるこの方法は非常に便利な方法として多くの企業が利用しています。


      ただしファクタリングにはいくつかの問題もあります。
      1つは、入手できる現金の金額が減るために最終的な利益が減ることになり、年間の予算計画に大きな影響を及ぼす危険性があることです。



      本来は期日になれば入手できる金額が入手できなくなることから、全体の利益が圧迫され、その後の会社の予算に大きな影響を及ぼしてしまうことになります。さらに、短期的にキャッシュフローが改善しますが、本来の期日に入金がなくなることから、その後の支払い計画などに大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。



      企業は多くの会社と売買契約を結んでいるためその売買契約に基づいた支払い期限に対してその時期に現金がないと言う事態を招くことがあり、ファクタリングを繰り返さなければならない時代に発生する恐れがあるのです。
      ファクタリングを利用する際には、企業の予算計画を十分にした上で、短期的な資金の調達方法として利用することが必要です。

  • ファクタリングの知っておきたい常識

  • ファクタリングのよく解る情報

    • ファクタリングで知っておきたいこと

      企業が資金調達をする場合、通常は銀行などから融資を受ける形になります。お金を借りて返済するわけですが、資金繰りが苦しい会社の場合には融資を受けられないことがあります。...

  • ファクタリングのテクニック・これからのファクタリング

    • ファクタリングの役割と適した業種とは?

      企業が経営を行う過程では不測の事態が起きて大幅な予定外の支出が発生したりする場合はあります。どのような収入の状態であっても、人件費をはじめ家賃やその他のランニングコストは削減することは難しいのが現状です。...

    • ファクタリングにおける償還請求権について

      ファクタリングでは、企業が有する売掛金等の債権を買い取ってもらうことで資金の調達を行います。この場合、仮に支払先が決済期日に支払不能となった際に、どちらがその負担を負うのかという点があります。...